快適なマンション暮らしを支える管理会社の仕事とは

修繕費や維持費の出納など事務的な業務もたくさん

マンションでの快適な生活を支えてくれるのは管理会社であり、いくつかの業務を引き受けてくれています。重要になる基本的な事務処理は、まさになくてはならない業務です。建物全般の安全で最適な維持をしていく必要がありますし、必要に応じて修繕も行わなければなりません。こうした企画を打ち出すことも、実際に実地をするための調整も必要です。毎月家賃を支払い住むことになりますので、全入居者が家賃を収めているか、滞納者はいないかの確認もしなければなりません。修繕をする際にお金が必要ですから、積立金に関しても徴収をすることになりますし、月次会計報告を作成したり、あらゆる経費もかさみますので支払いも行います。総会をスムーズに行うための支援業務もこなしたり、組合の知事会なども、大切な書類を厳重に保管したりと、事務的な作業は意外と多いです。

大家が抱える負担をいとも簡単に消し去る手段

大家自体がすべての自主管理を行うとなると、想像をするよりも負担はとても大きいです。全室に入居者があれば収入面では安泰ですが、人が多いほどあらゆるリクエストが日々舞い込んできます。それは良い声だけではなく厄介なこともあり、電話がかかってくる時間も明るい日中だけとは限りません。専門でやるならまだしも、仕事をしながら行うのは至難の業、また高齢者の大家だと体力的にも無理が出てきてしまいます。入居者との良好な関係を築き上げつつ、尚且つパーフェクトにリクエストにこたえるのは簡単ではありません。そこでマンションのことは、その道のプロの会社に任せるのが効率的であり、委託をすることで大家の負担は一気に減ります。収入源としては確保したいものの、入居者や建物のことばかりに時間を取られるのは大変、そんな大家にはこうしたシステムがぴったりです。

従業員が行う作業は多岐にわたる

日々活躍をするマンション管理会社の従業員ですが、実際に何をしているかというと、かなりの仕事量をこなしています。経費の支払いや決算案の作成に収支予算関連、滞納者の督促業務など事務的事も多いです。受付業務をすることもあれば報告や連絡の業務もありますし、立ち合いをしたりあらゆる点検をすることもあります。清潔な環境を提供するのも賃貸物件では必須ですから、週に数回の清掃を行うなど衛生面まで怠りません。基本的に建物は平屋ではありませんので、エレベーターがあるところがほとんどであり、電気の設備や消防の設備も含めて保守点検をしたり、法定点検をすることもあります。こうした作業を行う従業員ですが、皆が若い20代というわけではありません。思いのほか年齢層の幅が広く、30代や40代の働き盛りも多いばかりではなく、50代から50代のスタッフも活躍をしています。